株式会社 ラビオストレーディング|ピンクダイヤ,正規輸入・卸

 

株式会社
ラビオストレーディング

〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-3-7 
TEL.06-4704-4400

------------------------------------
ーガイル
ンクダイアモンド
規輸入・卸
Argyle
Pink
Diamonds
Authorised Partner

ーガイル

ピンクダイアモンド

ーソライズド パートナー
------------------------------------

社団法人
日本ジュエリー協会正会員

------------------------------------

 
qrcode.png
http://labios.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 

ラビオストレーディングからのお知らせ

ラビオストレーディングからのお知らせ
 
社員募集のお知らせ
2017-10-11

[募集理由]社員の産休のため
  

[募集業務内容]

ジュエリーやファッションが大好きで、ピンクダイヤのアソート、ウエブ入力作業、商品開発などのクリエイティブな業務をお願いできる方。

経験の有無、年齢や性別は問いません。
英語・中国語などが出来るバイリンガルな方や外国籍の方もOK
雇用形態・給料・勤務時間などの待遇は、面談時に相談。

 

面接希望の方は、お問い合わせメールか電話にてコンタクトしてください。

 

㈱ラビオストレーディング

MAIL: otoiawase@labios.jp

TEL 06 4704 4400

  

 
アーガイルメディアリリース
2017-11-09
世界的鉱物メジャーのリオ・ティントが管轄するアーガイル鉱山産出の貴重なピンク、レッド、バイオレットダイヤモンド58ピースからなるアーガイルテンダー2017の結果から希少なダイヤモンドは、世界的に益々需要が広がっています。
58ピースの希少で美しいダイヤモンド達は、数多く入札された後にアジア、ヨーロッパ、中東、アメリカ、オセアニアと11か国の宝石コレクターや愛好家、ジュエラーへと旅立ちました。
Lot.1 “The Argyle Everglow™”は、過去33年のテンダーの歴史で最も高価なダイヤモンドとなるとともに、テンダー自体2ケタ成長と大盛況でした。
 
そのアーガイル史上最大2.11カラット ファンシーレッドダイヤモンド“The Argyle Everglow™”は、ニューヨークを拠点に希少性の高い特別なファンシーカラーダイヤモンドを得意とするOputimum Diamond LCCが勝ち取りました。
同社は、他にもLot.5 0.91カラットのバイオレットダイヤモンドArgyle Liberte™も落札しています。
Oputimum Diamond LCCのCEO David Sharaは、「この歴史的レッドダイヤモンドArgyle Everglowを落札し、世界でも大変貴重な宝石のひとつを我々のコレクションに加える事ができたことを大変嬉しく思います。また、Argyle Liberte™もカラーダイヤモンドの世界でも大変特別で我々の冒険(コレクション)にパーフェクトマッチする魅力的なバイオレットダイヤモンドです。」とインタビューに答えてくれました。
 
今回のテンダーで最も大きかったLot.3 2.42カラット クッションカットのArgyle Avaline™は、世界的ラグジュアリージュエリーブランド“Graff(グラフ)”によって購入され、世界で最も特別なピンクダイヤモンドジュエリーへと作製されるみたいです。
Graffを1代で世界的ブランドへと成長させた21世紀のKing of Diamondことローレンス・グラフ氏は、「私たちは、ピンクダイヤモンドにいつも情熱的な思いがあります。自然から生まれたこれらの信じられない奇跡を手にする事は、楽しみと光栄である。今後、繊細で美しいArgyle Avaline™を、最高のジュエリーに仕上げるために慎重に進めていきます。」とコメント。
 
リオ・ティントのセールス&マーケティング副社長のアラン氏は、「2017アーガイルテンダーの結果に大変嬉しく思います。市場でピンクダイヤモンドの限られた希少性が認知され需要が高まっている。我々は、引き続きその重要な価値理解をサポートしていく。」と発表。
 
・アーガイル鉱山は、西オーストラリア州にあるダイヤモンド鉱山でピンク、レッド、バイオレットが産出されることで有名。しかしピンクなどが産出される確率は全体の0.1%以下と大変希少。
・アーガイルテンダーとは、アーガイル鉱山で産出された貴重なカラーダイヤモンドを入札する会。毎年1回開催。参加するには、鉱山会社からの招待を受けないとできない。完全非公開な品評会です。
 
アーガイルテンダーについて興味があるまたは、詳しく知りたい方はお問合せ(otoiawase@laabios.jp)までご連絡ください。
 
 
2017.7-9月 アーガイル鉱山ダイヤモンド原石産出量
2017-10-18
アーガイル鉱山における第3期全ダイヤモンド採掘結果は、
 
2017.7-9月    4,757,000カラット
 
前年同期比 +36
前期比 +48%
 
2016年同期 産出量 3,493,000カラット
 
2017年9カ月 産出量 10,988,000カラット
前年比 +6%
 
第3期の採掘は、ダイヤモンド原石の含有量の多い部分の採掘に成功したと発表されました。
2016年第3期は、母岩1,349,000トンに対して原石3,493,000カラットに対して、
2017年同期は、母岩1,255,000トンに対して、原石,757,000カラットと
とても効率よく採掘できた事が表されています。
 
アーガイルピンクダイヤモンドテンダー2017
2017-07-27
リオ・ティントは、アーガイルピンクダイヤモンドテンダー史上最も大きいレッドダイヤモンドを、
ニューヨークで行われている内覧会で発表しました。
 
“Argyle Everglow™と呼ばれる2.11カラットのラディアントカットのダイヤモンドは、2017アーガイルピンクダイヤモンドテンダーにてアーガイル鉱山からの希少なダイヤモンドの象徴としてショーケースに展示しています。
 
リオ・ティント社のチーフエグゼクティブ アナウド氏は、「この歴史的なダイヤモンドをTenderのプレビューに発表することを光栄に思っています。これは世界で珍しい宝石を生産しているユニークなアーガイル鉱石の証です。 」と言いました。
 
前例のない大きさ、色、透明度で、The Argyle Everglow™は、Gemological Institute of America(GIA)によってFancy Red VS2のグレードを持つ著名なダイヤモンドとして評価されています。
 
アーガイルテンダー33年の歴史で、公式のレッドダイヤモンドは、20カラット未満しか販売していません。
 
アーガイルピンクダイヤモンドのジョゼフィーネ・ジョンソン監督は、「アーガイル・エバーグローは、希少性の中で希少性を示し、比類ないものを求めてコレクターや愛好家からの世界的な需要を促すだろう」と語った。
 
2017年のアーガイルピンクダイヤモンドテンダーは、その豊かな出生地と名誉ある血統に敬意を表して「レアビューティーのカストディアン」と名付けられました。 テンダーの58個のダイヤモンドは、ファンシーレッドダイヤモンド4個、レッドレッドダイヤモンド4個、バイオレットダイヤモンド2個、ブルーダイヤモンド1個を含む計49.39カラットです。
 
コレクションは、独自の美しさのために選ばれた5つの「ヒーロー」ダイヤモンドで構成され、世界で最も重要なダイヤモンドの歴史に寄与する永続的な記録する:
 
・Lot 1: Argyle Everglow™, 2.11 carat radiant shaped Fancy Red  (真ん中)
・Lot 2: Argyle Isla™, 1.14 carat radiant shaped Fancy Red (右から2番目)
・Lot 3: Argyle Avaline™, 2.42 carat cushion shaped Fancy Purple-Pink (左から2番目)
・Lot 4: Argyle Kalina™, 1.50 carat oval shaped Fancy Deep Pink (1番左)
・Lot 5: Argyle Liberté™, 0.91 carat radiant shaped Fancy Deep Gray-Violet (1番右)
 
Argye Pink Diamonds : https://argylepinkdiamonds.com.au/ 
 
2017.4-6月 産出量
2017-07-18
2017.4-6月    3,216,000カラット
 
前年同期比 -8
前期比 +7%
 
2016年同期 産出量 4,436,000カラット
 
2017年前半 産出量 6,232,000カラット
前年比 -9%
 
第2期の採掘では、前年と比べて-8%の採掘量でした。
原因としては、雨の影響で機械のメンテナンスが必要になり今期は採掘量減になっています。
 
アーガイルダイヤモンドコイン
2017-06-12

リオ・ティントとパースミントは、アーガイル鉱山産の3色のダイヤモンドをあしらったAU$1.8millon(1.5億円)の唯一無二のコインコレクションを発表しました。

ハンドメイドで作られた3種類(金、ピンクゴールド、プラチナ)のプレシャスなコインには、

西オーストラリア州東キンバリー地区のアーガイルダイヤモンド鉱山で採掘された

ピンク” “パープルピンク” “バイオレットのダイヤモンドがそれぞれに装飾されています。

パースミントは、オーストラリアトリロジー2017コレクションとしてリリース致します。

リオ・ティントのアーガイル鉱山は、貴重なピンクダイヤモンドを事実上唯一

世界全体に供給していますが、その数は鉱山の0.1%以下の採掘量です。

 

引用:http://www.perthmint.com.au/perthmint.com.au/trilogy.aspx

(パースミントオフィシャルサイト)
 
2017.1-3月 産出量
2017-04-20
2017.1-3月    3,016,000カラット
 
前年同期比 -11
前期比 -16%
 
2016年同期 産出量 3,391,000カラット
 
 
 
アーガイル鉱山では、第1期は今後の採掘効率を考えて母岩(ランプロライト)の少ないところを採掘しているため前年同比-11%と採掘量が低下しています。
 
2016.10-12月 産出量
2017-01-17
2016.10-12月    3,584,000カラット
 
前年同期比 +1
前期比 +1%
 
2016年年間 産出量 13,958,000カラット
 
2015年年間 産出量比 +4%
 
アーガイル鉱山では、地下採掘を計画的に進めています。昨年は、部分的に高品質の母岩がありましたが基本的に低品質の層が多かったため結果的には年間採掘量が前年比の4%プラスとなっています。
 
2016.07-09月 産出量(全ダイヤモンドinアーガイル鉱山)
2016-11-07
2016.07-09月    3,493,000カラット
 
前年同期比 -1
前期比 0%
 
2016年 1-9月産出量 10,374,000カラット
2015年 1-9月比 +3%
 
 
2015年に比べ第3期は、全ダイヤモンド(工業用も含む)採掘量が3%程ダウンですが前半の1,2期が多かったので通年の採掘見込みは前年比より少し多くなると予想されます。
 
アーガイルテンダー2016
2016-10-26
コペンハーゲンから始まり、パース・香港・NY・ロンドンなどでプレビューを開催し、無事にアーガイルテンダー2016が終わったようです。
 
今年は、稀に見る豊作で色もキレイでしたがクラリティが全体的にVSクラスが多かったです。
アーガイルピンクダイヤモンドでは見たことがないIFなんてのもありました!!
 
テンダーの内容は、全部で63ピース(バイオレット2pc,レッド4pc,ピンク57pc)でした。
詳しい内容は公表できませんが、今年も世界から約100弱の宝石商が招待され、中には超有名ブランドも参加して入札が行われました。
 
我々も香港で見てきましたが、最近のアーガイルはとても厳しく会場内での写真撮影等すべてダメでした。。。
 
なので少し文章でご紹介します。
以前に発表されたアーガイル史上最大の2.83ct Argyle Violetは、大きさもインパクトありましたがやはりアーガイル鉱山でしか採れない特徴のあるバイオレットカラー。
パッと見た感じは、「ちょっと黒っぽいのかな」と思ったのですが、じっくりと見ると何とも言えない幻想的な世界を見ました。
ブルーの輝き・バイオレットの輝きがダイヤモンド内でキラキラ輝いていました。 オーバルカット特有のボウタイなどもなく全体にしっかり色がのっている、まさに「THE CHROMA COLLECTION」のNo1に相応しい奇跡のダイヤモンドでした。
 
来年は、どんなダイヤモンドに出会えるか今から楽しみです。
 
<<株式会社ラビオストレーディング>> 〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-3-7 ENT長堀 10F TEL:06-4704-4400 FAX:06-4704-4401