The Argyle Mine

Argyle Diamonds Mine

Open Pit(露天掘り)

鉱山敷地内

LOOKOUT POINT

Undergrand Mine

地下への入り口

数百m地下にある鉱石粉砕機

SUN RISE from Argyle Base Camp

バオバブの木

Argyle Office

Perth City

Eucalyptus Avenue

アーガイル鉱山について

アーガイル鉱山について


  • アーガイル鉱山は、パースから2500キロメートル離れた西オーストラリア州北西部にあり、世界有数の巨大鉱山会社の1つであるRio Tintoが100%所有している。
  • アーガイル鉱山は、世界のピンクダイヤモンドの年間95%以上を産出する。

     
  • 1979年10月に、西オーストラリア州の西キンバリー地区のアリ塚の密集している地帯に埋もれていたのを発見された。

     
  • 鉱山の規模は、現在 縦幅2キロ、横幅1キロ。 面積は、300ha(3,000,000平方メートル)
    例えば、甲子園球場(敷地面積38,500平方メートル)の約78個分です。
  • アーガイル鉱山は、ピンクダイヤ、ホワイトダイヤの他にシャンパン、コニャックなどカラーダイヤも多く産出しています。
  • アーガイル鉱山の寿命は、2020年と発表。
    露天掘りが終わり現在採掘中の地下鉱山で原石を含む鉱脈が枯渇すると考えられている。
    我々の最新調査では、他の国、地域ではアーガイル鉱山同等のピンクダイヤモンドの鉱脈は見つかっていない。

Rio Tintoについて

リオ・ティントについて

  • リオ・ティントは、イギリス・ロンドンに本社を置く国際的に有名な鉱山会社で、Rio Tinto plc(ロンドン) や、オーストラリア株式市場に上場しているRio Tinto Ltd.などが系列会社です。
  • リオ・ティントのビジネスは、鉱物資源の開発・採掘そして流通させることです。
  • 主な産出資源は、アルミニュウム、銅、ダイヤモンド、エネルギー(石炭・ウラニウム)、金、鉱物(硼砂・チタニュウム・酸化物・塩類・滑石)、鉄鉱石です。
  • 南米・アジア・ヨーロッパや南アフリカの主要な国々との関係に基づき世界的な商業活動は、オーストラリアと北米において力強く展開されている。
  • リオ・ティントは、健康面、安全面、環境面、そして地域との協力関係について世界的に貢献しているリーダー的存在です。
  • リオ・ティントは、アーガイル鉱山に加え、2つのダイヤモンド鉱山を開発しています。カナダにあるディアビック鉱山を60%、ジンバブエにあるムロア鉱山の78%を所有しています。

マイニング情報

アーガイル鉱山全ダイヤモンド(工業用含む)産出量の推移

2005年  30,000,000ct
2010年    9,804,000ct
2012年    8,471,000ct
2014年    9,188,000ct
2015年  13,472,000ct
2016年  13,958,000ct
2017年  17,135,000ct   (概算)
 
2008年以降、露天掘りをストップして地下鉱脈の開発を開始。
2014年から地下採掘を本格的に開始。
 
近年、採掘量が上昇してきているが全盛期の約半分の数でしかない。
 
2020年の閉山予定までは2017年と同等の採掘量を見込んでいる。
 
アーガイル鉱山でピンクダイヤモンドが産出される比率
 
アーガイル鉱山のダイヤモンドは、Lamproite (ランプロアイト)と呼ばれる鉱石と一緒に採掘されます。
 
鉱山で採掘される原石の中で、宝石クオリティは約5%
 
その5%の内分けは、無色(30%)・ブラウン(50%)・グレイ(15%)・イエロー(8%)・  ピンク(1%)・バイオレット(1%未満)
 
2017年の全原石採掘量約17,000,000ct
 
(ジェム5%)850,000ct→(ピンク原石1%)85,000ct→(ピンクダイヤルース歩留まり20%)1,700ct
※あくまで概算です。
 
10,000分の1のキセキ。 まさに、”Beyond Rare” です。