その他カラーダイヤモンド

バイオレット・ダイヤモンド

バイオレットダイヤモンドの多くは、アーガイル鉱山で採掘されている。
その数は非常に稀です。
 
色の発色は水素に関連していますが、正確なメカニズムはまだ不明です。
 
また、サイズが非常に小さいモノが多く
1カラットより大きいダイヤモンドは非常に希少価値が高い。
 
バイオレットのみのカラーグレードは少なく、ほとんどがグレイやブルー系の色を併せ持っています。
色のしっかりとしたバイオレットダイヤモンドの数は、毎年片手で数えることができる。

パープル・ダイヤモンド

パープルダイヤモンドもまた非常に希少石です。

発色の起源は、ピンクダイヤモンドと同じように結晶歪みによると言われている。
 
主にシベリアで発見されるが、サイズは小さいです。
 
5カラットを超える紫色のダイヤモンドは非常に少なく、その色がインテンスやヴィヴィッドに達する事はほぼない。
 
今、現在有名なダイヤモンドは出てきていない。

オレンジ・ダイヤモンド

パンプキンのような鮮やかなオレンジ色のダイヤモンド。
ピンクやブルーダイヤモンドよりは評価が低いですが、黄色味の少ないオレンジ色のダイヤモンドは非常に希少で、ビビットイエローダイヤモンドより何十倍もの高価な値段がつけられています。
 
ダイヤモンド大半は、微量の窒素含まれます。
オレンジ色ダイヤモンドは、窒素原子がある特定の配列で存在する事からオレンジ生成する青色黄色領域吸収する
オレンジダイヤモンド茶色黄色またはピンク色調を含むことがあります。
 
♦「パンプキンダイヤモンド」 5.54ct Fancy Vivid Orange

オリーブ・ダイヤモンド

オリーブダイヤモンドは、緑のダイヤモンドと混同されているが、色空間に黄色と緑の組み合わせや茶色、灰色が混色しています。
よく茶色がかった黄緑色のような色が多いことからオリーブと言われている。
 
サイズは小さいのから大きいダイヤモンドまで幅広く存在する。
 
また、黄色→緑など色の変化を示すオリーブダイヤモンドは、カメレオンダイヤモンドとして知られています。

グレー・ダイヤモンド

グレーダイヤモンドは、無色と黒の中間色の様なルックスから主に男性向けに使用されることが多い。
 
無色程、透明度が低くうっすら黒っぽい輝きです。
 
色の起源は、原石になんらかの圧力が加わり結晶が歪みそこに水素が入ってなぜか灰色になっていると言われている。
 
あまり人気のあるダイヤモンドではないですが、綺麗で大きなグレーダイヤモンドは希少価値が高いです。

ブラック・ダイヤモンド

ナチュラルブラックダイヤモンド珍しいです。
 
ブラックダイヤモンド不透明その美しさ多くは、表面から反射するダイヤモンド光沢です
 
多くの場合無色ダイヤモンド組み合わせでメンズファッションジュエリーなどにも使用される
 
最も有名なブラックダイヤは、「黒いオルロフ」67.50 カラットです