本文へ移動
アーガイル・ピンクダイヤモンド(APD)
APDは、1980年代からダイヤモンドのブランドとしてダイヤモンド業界で確固たる地位を築き上げています
その美しさから女性の象徴とされるピンクダイヤモンドの中でも女王様的な存在
世界で最も注目されているカラーダイヤです。その理由として、希少性の高さが言えるでしょう
アーガイル鉱山
約1979年に西オーストラリアで発見されてから約40年近く開発が続けられている世界でも最大級のダイヤモンド鉱山です
同鉱山は、ピンクダイヤモンド・バイオレット・ブラウンダイヤモンドなどが有名
アーガイル鉱山は、 「2020年に鉱山を閉山」と世界的に発表されています
残り数年でその長い歴史に幕が下りようとしています
BEYOND RARE
ピンクダイヤモンドが産出される比率
アーガイル鉱山ではLamproite (ランプロアイト)と呼ばれる鉱石と一緒に採掘されます
鉱山で採掘される原石の中で、宝石クオリティは約5%
その5%の内分けは、無色(30%)・ブラウン(50%)・グレイ(15%)・イエロー(8%)・  ピンク(1%)・バイオレット(1%未満)
 
2017年の全原石採掘量約17,000,000ct
(ジェム5%)850,000ct→(ピンク原石1%)85,000ct→(ピンクダイヤルース歩留まり20%)1,700ct※概算(約340g)
 
10,000分の1の奇跡。まさに"BEYOND RARE"
アーガイル・カラーグレード
図の上から
・PP(パープリッシュピンク)、
・P(ピンク)、
・PR(ピンクロゼ)、
・PC(ピンクシャンパン)、
・BL(ブルー)
・RED(レッド)
の6カテゴリー
 
色の濃さはそれぞれ1-9に分かれており、数字が小さくなるにつれて、色味が濃くなる。
PC,BLのみ1-3で数字が大きくなるにつれ濃くなる。
 
5-1PP,P,PR・BLは、テンダーカラーと言う特別カテゴリー
アーガイル・テンダー
アーガイル社が開催する年に1度の入札会。
希少性の高いヴィヴィッドやレッド、バイオレットなどのダイヤモンドが出品される
参加するには招待状が必要で、完全非公開の中で入札が行われる
鉱山閉山に向けて今、注目されているイベント
アーガイル鉱山産地証明書
アーガイル鉱山で採掘されたピンクダイヤモンド(0.15ct以上)には、
2008年頃からピンクダイヤモンドのガードルにシリアルナンバーが刻印されており、GEM IDENTIFICATION AND AUTHENTICITY DOCUMENTが付属しています。
それは、キンバリープロセスに従って紛争ダイヤモンドでない事を証明すると共に、アーガイル鉱山で採掘されたという天然の証になります。
 
-安全性-
 
採掘から研磨・卸販売まですべてアーガイルダイヤモンド社が行っている。
0.15ct以上(2008年以降)に産地証明書が発行されている。
 
-信頼性-
確実にアーガイルピンクダイヤモンドと証明ができるためこのような独自のシステムで流通。
ダイヤモンド界の中でもいち早く合成ダイヤモンド流通問題などとの差別化を図っており、安心・安全性を提供。
 
-将来性-
鉱山閉山後も永遠に"アーガイルピンクダイヤモンド”と受け継がれ評価されていきます。特に評価の高いダイヤモンドは、その価値が高くなっている傾向にあります。
現在、シリアルナンバーを、アーガイル鉱山のサイトで検索して頂けます。
お問い合わせ・来店予約
■お問い合わせの際は「個人情報保護方針」をお読みになり、同意のうえお問い合わせください。
■回答に時間がかかる場合があります。お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
■営業時間 : 月~金曜日 10:00-18:00
06-4704-4400
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1-3-7 ENT長堀10F